シニアに優しいハーブティー2~体のケアにヨギティー チャイルイボス

以前「シニアに優しいハーブティで体を温めよう」ではハーブティーが何故シニアに優しいのかということを書かせていただきました。ノンカフェインが嬉しいヨギティーのシリーズに、チャイルイボスというものがあるので試してみたので、今回はそのチャイルイボスについての感想を参考に書いてみます。

もともと喫茶店やカフェなどではチャイを扱っていると必オーダーをして、好んで飲んでいました。それなので、自宅で手軽に飲めるチャイのパックを見かけたときとても気になっりました。そこで取り寄せて飲んでみましたが、これがなかなかよかったのです。

チャイはなぜ体にいいの?


チャイはもともとシは5000程前にインドで開発されました。そのときはアーユルヴェーダ(インド大陸の伝統的医学)の一部として作られていました。シナモンやブラックペッパー等多数の香辛料を使われていますが、そのスパイスには肌荒れケア・むくみ改善・ダイエット・冷え性防止などなど……たくさんの恩恵があります。

また、 一般的に、ハーブ類やスパイス類は身体にとって危険なフリーラジカルを撃退する効能があると言われます。(抗酸化作用)フリーラジカルは環境的なストレス要因から発生し、身体の細胞などを酸化させてしまい病気に繋がります。
シナモン、ジンジャー、クローブなどは特に放置しておくと重大な病気に繋がりかねない炎症を抑えてくれる効果があります。

スパイス等の成分が含まれることにより、代謝や体臭ケアなど、通常のルイボスティーでは得られない効果を期待できるのが最大の魅力です。

チャイルイボスティーの成分

チャイルイボスの主な成分を見てみましょう。

■カルダモン
口臭ケアとして有名なスパイス。
臭い以外にも貧血ケアや疲労回復力サポートなどの健康維持にも貢献してくれる成分です。
■シナモン
加齢やストレス、外的要因から生ずるシワやたるみのケア、コレステロールの低下をしてくれる他、各毛穴をサポートする効果(抜け毛予防、毛穴環境の改善)も持ち合わせています。
■生姜
代謝および、免疫力の上昇。
健康維持だけでなく、ダイエットサポートもしてくれる優れモノです。
■クローブ
鎮痛、消化器官の改善をしてくれる。
頭痛や歯痛などの目に見えない痛みを和らげてくれることも。
■ステビアリーフ
甘みがあるのにカロリーがない不思議な甘草。
消化器官の改善、代謝ケアなどダイエット中の方には定期的に摂取して欲しい成分です。
■ルイボス
一番の有効成分は、ポリフェノールの一種であるフラボノイドです。これは活性炭素を取り除き老化から守ってくれます。また代謝を活性させて、整腸作用・利尿作用があります。血管のトラブルを防ぎ血圧を下げる、アレルギーの緩和。リラックス効果など、沢山の効果が期待されます

実際に飲んでみると、最初にも書いた通り独特な香りがまず印象的です。 味は各種スパイスが主張気味のため、シナモン特有の味は殆どしないようです。 改めていわれないとシナモンが入っていると分からないかもしれません。

スパイスが効いた薬味っぽさがある味です。
一応、甘み成分としてステビアリーフが入っているようですが、あまりステビア特有の甘さは感じられません。

どちらかといえば、ピリっとしたスパイシーな味が好みの方向けな印象です。

ミルクを混ぜるとほどよく甘くなってかなり飲みやすさが増すので「ちょっと苦手かも」と思ったらミルクを混ぜてみるのもいいでしょう。

amazonの口コミでは「合えばクセになる」とありますが私にはぴったりでした。
これでわざわざチャイを飲むためだけに、カフェに足を向けなくて済みます。

飲んでいるだけで少しずつですが肌ケアや代謝促進、体臭ケアなどをサポートしてくれるので定期的に飲んでいます。
夏は冷たくして、冬はホットで飲みたいですね。

チャイの中では、比較的飲みやすいチャイルイボスティーです。
季節を問わず、健康のためリラックスタイムにどうぞ。

チャイルイボスティーのAmazon商品ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です